富山・石川・福井のカーポート/サンルーム/目隠しフェンス/物置/他エクステリアの施工相談は現地訪問/見積無料「ちょっと日建よってこか~プリプリ♪」のフレーズでお馴染みの日建まで。

  • 富山県東部

    0120-55-1375

  • 富山県西部

    0120-56-1375

  • 石川県全域・福井県嶺北

    0120-57-1375

富山・石川のアルミフェンス・目隠しフェンス

窓際や隣地境界線の外からの視線を適度に遮り、家族がより安心して暮らせる空間づくりをサポート。

フェンスは敷地境界を明確にするだけじゃない!外部からの視線を適度に遮り、ご家族のプライベートを護る「目隠しフェンス」が大人気!

フェンスを設置する方の多くは、敷地境界線に沿っての施工を望まれています。これは、隣地・隣家との敷地境界トラブル(例えば、隣人が勝手に自分の所有地にモノを置いたり生活導線として使ったり、見知らぬ第三者が勝手に敷地内を横切ったり訪問販売員などの不法侵入を許したり・・・)を避ける為、という理由もありますが、ここ最近は「自宅や敷地内でのプライベートを外部から見られることにストレスを感じる!(意図的でなくても)」「家族のプライベートを護りたい!」という理由を挙げる方が増えており、背の低いフェンス類ではなく、外部から敷地内への視線を適度に遮ることのできる目隠しフェンスが大人気です!

では実際に、目隠しフェンスが「ある」のと「ない」のとでは、どのくらいの差があるとのでしょうか。

◆居室内から見た外の様子

[目隠しフェンス施工前]

[目隠しフェンス施工後]

目隠しフェンス施工前では、道路を行き交う人からも自宅の中からも互いが丸見え。互いに気まずくプライベートもへったくれもないストレスMAX状態ですが、目隠しフェンス施工後ではそれらが解消され、ゆったりとくつろげるプライベート空間が手に入ります。

◆住居周囲から見た庭の様子

[目隠しフェンス施工前]

[目隠しフェンス施工後]

目隠しフェンス施工前は、お庭で家族がバーベキューを楽しむ姿や子供達が遊ぶ姿が丸見え。家族構成などもバレバレで、悪質な押し売りや訪問詐欺にとって恰好の情報源ですが、目隠しフェンス施工後ではそれらを悟られにくくなります!

◆夜間に明かりが灯いている住居の様子

[目隠しフェンス施工前]

[目隠しフェンス施工後]

目隠しフェンス施工前は、夕暮れ以降、室内照明を灯すことによって映し出される動く人のシルエットが丸見えで(※遮光性の低いカーテン使用の場合)趣味もバレバレ。目隠しフェンス施工後は、それらを見えにくくすることに役立ちます!

住居外観に併せて選べる、豊富な12COLORS!

当社の目隠しフェンスには、アルミカラー(10パターン)、ハイブリッドカラー(2パターン)の計12色をご用意しておりますので、家屋など建築物の外観やご家族の趣味嗜好に合わせてお選びいただけます。

ボード面に一切のビス穴が見えない特殊施工だから高級感が違います!

当社の目隠しフェンスは、上記写真の通り「ボード面に一切のビス穴が見えない特殊施工」だから、一枚板のような高級感を醸し出しています。

また、「ビス穴が見えない特殊施工」なので、他のフェンス等でよく見かける「経年劣化でのフェンスビス穴の錆やよごれ」による見た目の劣化が目立ちにくいという利点があります。

当社の目隠しフェンスはボード間隔の自由設計が可能!だから、ご家族の要望に応えることが出来る!

当社の目隠しフェンスは、既製品ではなく受注施工が可能なオーダー品ですので、目隠しフェンスの「ボード間隔」や「敷地に併せた形状」「気候事情に併せた設計」など、用途に応じた自由設計が可能です!

標準的な施工パターン。ボード間隔が10㎜なので、目隠し効果を発揮しつつ適度に風を取り入れることが出来ます。

風が強い地域向けのボード間隔20㎜仕様。ボード間隔を広げることで風が通りやすくなり、目隠しフェンスへ加わる風圧も和らげることが出来ます。

景観条例に適合させるべくボード間隔を100㎜とし、フェンスの設置面積を50%未満に抑えた仕様。隣家との境界フェンスやドッグランとしての設置もお奨めです!

ストーカーや泥棒など不審者の防犯対策にも有効!

◆意図的な覗き見を行わせ難い環境づくりを!

「目隠しフェンスを設置する」=「ストーカーや泥棒などの不審者対策にも有効」ということはご存知でしょうか?

目隠しフェンスが無い家屋周辺を通行する場合(車での通行も含む)、良識のある人であれば、偶発的に住居内が視界に入ってしまうということもあると思いますが、悪意のある「ストーカー」や「空巣の下見」、「押し売り営業」、「訪問販売員」などは、通行人のフリをして、ターゲット情報を覗き見収集をしたり、離れた所からの観察を行ったりします。

反って、目隠しフェンスが設置されている状況だと、フェンスの隙間から覗き込む「意図的な視線」を送らない限り、敷地内を把握することが容易ではなくなります。「意図的に覗き込む行為」自体が、周囲の第三者から見て「不審者」に見えますので、犯罪予備軍者の行動抑制にも繋がります。

◆目隠しフェンスで犯罪者にとって都合の良い「死角」を無くす!

また、「家はブロック塀で囲っているから、周囲からの視線は完全にシャットアウト!絶対安全だろう!」・・・そう思われるのは非常に危険です。

ブロック塀や垣根など、頑丈で豪華に見えて憧れる方もいらっしゃいますが、表周囲からの見通しが非常に悪くなるブロック塀や垣根などは、「空巣にとって隠れやすく」、住居内に侵入しても「外部からは犯行が見えない」ため、「空巣の恰好の仕事場」となる可能性が高くなります。(それ以外の警備システムなど、防犯対策をしている場合は除きます)

目隠しフェンスであれば、外からの視界を適度に遮るだけではなく、意図的に足元だけを見せることが出来るため、空巣等の不審者が慌てて隠れたとしても、周囲の第三者の目に「そこに誰かが居る!」と認識させることができますので、犯罪予備軍者の行動抑制にも繋がります。

Social Magagine

その他の施工事例や最新情報はこちらから